画像
交通事故

title

自動車による交通事故

 当社では交通事故のご相談を承っています。

交通事故はいつ起こるかわかりません。
自分で気をつけて運転していても事故は起こります。
交通事故は物損事故、人身事故に別れます。
事故に慣れた人は少なく、事故の後の対処はどうやってやればいいのか
解らない人が多いと思います。
事故をした場合、保険に入っているからすべて保険会社に
まかせて大丈夫と思っているかたは大きな間違いです。
すべて保険会社にまかせるのではなくご自身でも状況を把握し
少しでも納得のいく適正な示談をすることをお勧めいたします。

 交通事故が発生したらまずなにを行うか。

 ①けが人の救護

けが人がいる場合は周囲を見渡し、安全であることを確認する。
必要であればけが人の応急手当、救急車を呼ぶ

 ②二次災害の防止

二次災害に巻き込まれないよう、自分と相手双方の安全を確保してください。
また、二次災害を発生させないよう、車輌等を安全な場所へ移動してください。

 ③警察へ連絡

現場をよく確認し、落ち着いて的確に通報してください。
人身事故の場合は、人身事故である旨を正しく警察に届け出てください。

 ④相手の確認

現場では相手と口約束・示談は絶対にしないでください。
相手の名前・住所・連絡先・保険会社・車名・ナンバープレートなどを確認して必ずメモをとる。

 ⑤目撃者の確認

周囲に目撃者がいる場合は、後日のために連絡先を確認しておきましょう。

 ⑥ご自身の加入している保険会社または代理店に連絡

次の事項をご通知ください。

※事故の日時・場所・状況
※相手の住所・氏名・連絡先
※相手のお車の車種・登録番号
※届け出警察署
※目撃者の住所・氏名・連絡先(目撃者がいる場合)

交通事故の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!